HOME > おせちを選ぶ際には、大きさや採れたてさに注目する

おせちを選ぶ際には、大きさや採れたてさに注目する

味の良い蟹を堪能したい、そんな時の手段として店頭あるいは取り寄せで入手する方法のほか、温泉へ行ってしまうというやり方です。


中には蟹で有名な温泉地もあるからです。

温泉地の中でも蟹が多く獲れるところの周辺に出向いて行けば、蟹と温泉両方が楽しめるシーズンもあるでしょう。


とはいえ、どんな時期に行っても温泉は堪能できるのですが、美味しい蟹は常に食べられるというという所以ではないので旬の時期を狙って行ってください。ちょっとした臨時収入があり、美味しいものを食べようと思い、通信販売ならすぐ送ってくれるし、食べない手はないと、早速注文してみたのです。意外にも、産地で賞味するのと変わらないといっても言い過ぎでないほどの味でした。

コンピューターが各家庭に行き渡るはるか前から、旅行が出来ない人でも自宅でかにが食べられるようにと、発送するシステムはあったというのです。少し前までは、生ものは発送に適さず、冷凍すると味が落ちると受け入れられづらい状況もあり、そのような方法で購入したかになんて評判が悪かったり、味に満足できないなんていう噂があったりしました。ただ、現代は淘汰の激しい時代であり、そんな中生き残っているかに通信販売のかにが美味しいのは、当然です。味は私が保証します。国内のかにの産地はどこかと考えると、北陸を挙げる方が多いです。北陸にはかにを堪能できる温泉も多く、石川県にある粟津温泉はお勧めで良質の温泉とオイシイかにを求めて冬はとくに、全国からの観光客が集まってくるのです。



粟津近辺で獲れるかには大ぶりで、身はふっくらして味もジューシーです。

かにと温泉のベストマッチを求める方にはミスなく嬉しい体験ができるでしょう。


これからの時節が美味しい蟹。さて、蟹にも種類や呼び方がさまざまあります。




それぞれへの好き嫌いは、個人ごとに違うので、通信販売で蟹を購入しようという人は、商品を選定する前に、蟹の種類ごとの特徴を知ることが必要だといえます。中でも売れ筋の蟹といえば、まずタラバガニやズワイガニが挙げられるでしょう。

おせちを選ぶ際には、大きさや採れたてさに注目するのが通販を利用する上での基本だといえるでしょう。蟹の調理の仕方においては、おせちが今、どういった状態であるかにより注意点が異なってきます。その注意点のうちとくに大切なことと言えば、凍らせてある蟹の解凍の仕方です。




多数の人々が急いで解凍するために水の中で蟹を溶か沿うとして浸します。沿うした場合、おせちの旨みが楽しめなくなってしまうので、多少時間はかかりますが、ゆっくり冷蔵庫の中で解凍しましょう。

蟹にもさまざまあります。


買うときに、海外で獲れた蟹か、日本国内で獲れた蟹か、どちらを選ぶか気にする人もいるでしょうね。ですが、端的に言えば、同じ種類の蟹であれば、どこで獲れたものであってもとくに違いはないといえます。



それより大事なことがあるとしたら、業者の信頼性をよく見極めることです。


蟹の品質はおみせの姿勢によって変わります。良いおみせの商品なら、輸入品だから味が落ちるなどといったことはありません。


ガザミもイシガニも、実はワタリガニです。

かにの中で比較すると脚は出汁にしかならないかも知れませんが、対照的に、かに味噌がおいしくて味噌ならワタリガニ、というファンが多いのです。あちこちでとれるかにで、お値段も手頃なのでかに味噌をたっぷり味わいたいなら一番お勧めのかにです。

一人で何匹も食べられる大きさで多彩な料理に使えるかにでもあります。



おせちはどう食べても美味しいでしょうが、中でもお勧めできるのはまず蟹鍋、そして茹で蟹でしょう。私の周りのおせち好きな人達も声を揃えます。




中には、おせちしゃぶや蟹刺しを推す人もいるかも知れませんが、生のままという特性上、鮮度が落ちると味も良くありません。



そこでおせち鍋や塩茹でがオススメになる所以です。


これらの食べ方なら、新鮮さが落ちた蟹でも、味の劣化は最小限に抑えられます。




風味に繊細さが感じられなかったり、何と無く物足りないときは、土佐酢や柚子胡椒など、付けダレを変えれば専門店さながらの味を楽しめるのでお勧めです。そろそろ旬だし、蟹を買おうかなと思った時には選ぶ方法に注意すべきです。


おせちがどんな種類なのかにより、選定する方法に違いがあります。激安おせち通販〜5000円で予約が可能


たとえば、ズワイおせちを買う場合を考えてみたいと思います。



この時には、どこを見ればいいと思いますか?それは、腹側です。



この時大事なのは腹側が白いズワイガニを避けてることで、中でも、アメ色のものがあるので、それを選びましょう。そして、いいものは甲羅が硬いです。




かにのオイシイ食べ方はいろいろありますが、「焼きがに」いかがですか。



殻付きのかになら、一番の調理法です。




焼きがにでは解凍が重要です。乾燥を避けてるため、新聞紙やキッチンペーパーで丸ごとくるみ、冷蔵庫で自然解凍しましょう。




半日くらいかけるのが理想です。半分解凍できたところで、殻のまま網で焼くと、仕上がりはみずみずしく、うま味も残っています。うま味を含んだ水分が残るよう、焼きすぎないでください。

関連記事